使ったシミに効く化粧品について

元々オイリー肌(脂性肌)の友人は、思春期には顔全体に広がる若者特有のニキビに長年悩まされてきた。彼女のおでこやアゴはいつもあぶらとり紙で拭くと、大量の脂で紙全体が透明になっていた。もちろん背中(肩甲骨の間)にもニキビが沢山あった。きれい好きな子だったので、毎日お風呂にもきちんと入り清潔にしていたしのに、体質なのか一向に完治する気配はなかった。随分大人になってから彼女に何度かあったが、今でもやはりニキビ跡が黒く残っている。ニキビ跡がデコボコとクレーター状になっていないだけマシだけど、それでもやはり気の毒に思う。本人は肌のためにと思って一生懸命ケアしているつもりでも、意外と間違った洗顔・クレンジングを毎日行っている人は多いようだ。「ちゃんと毎日きれいにしてるのに、なんでニキビ・・・」という人は一度自分のスキンケア方法が正しいかどうか早めにチェックすべきだろうと思います。
そしてもう1つ、ストレスや食事や睡眠状況などの生活において、どれくらい意識できてるかというところでしょうか。にきびケアの方法は多くありますが、どれを試しても効果がないという場合、こういった普段の毎日の中に原因が隠れている可能性もあります。

今まださんざんシミに効くと言われる化粧品も使ってきましたが、どれほどの効果があるのかは不明なところもありますね。
人参がメインですが、他の果物も入れたりしてます。とにかくすごい人。またジャガイモやカリフラワーに多く含まれるビタミンCも美肌にとってとても有効な栄養素という。とにかく無駄に長時間湯船に浸かり続けるのは美容の為にはよくない、ということだ。お風呂上りのほてった体を鎮めたい時でも、冷たい飲み物をがぶ飲みするのは厳禁。昨晩の食事内容も忘れてるというか、思い出せないことがある。柿渋石鹸を使う前は、あまり熱心にボディケアなんてしてませんでした。・・・・きっと彼女は今でもあまりシミそばかすのない肌を保っているに違いない・・・。それに湯船に長時間浸かっていると、皮膚の潤い成分であるセラミドがお湯の中に溶け出し、かえって乾燥を招くこともあるという。まぁ継続し続けることで少しでも効果が見えてくるとしたら、定期的に行い結果が現れるのを待つしかない、ということだな。
ピーリングとスキンケアのこと
シミというと化粧品かなと思ってましたがピーリングも良さそうです。まあスキンケア全般にいいんでしょうけどね。毎日するものではないようなので定期的にピーリングをすればちょっとはお肌の調子もよくなるかなって期待してるわけです。