ピーリングとスキンケアのこと

ピーリングでの角質ケアについてはちょっと疎かになってるところですが、今日はもうちょっと違う美容系のこと。本当はもっとピーリングもしたいけど、疲れて帰ってきたときには厳しいかな。洗い流すだけのならいいんだけど、拭き取るのはもっと面倒だ。
肌の保湿の為の成分って、正直今まで何が一番良いのか分からなかった。ちょっと高くても良いものを選びたい、という気持ちはあっても、実際溢れんばかりの美容商品を目の前にすると、どれを選んだら良いか分からなくなる。そして安価なモノから万単位のものまで色々使ったけど、「もぅ手放せない!」って程気に入った商品にはお目にかかれなかった。自分自身、洗顔料やクレンジング、化粧品、乳液、美容液、パック・・・など、どの種類が必要で、どれが不要なのかも分からなかった。しかし最近色んな著書を見たり、実際に自分で試してみて、ようやく自分に合った基礎化粧品と手順にたどり着けそうな気がしてる。まずは洗顔料。潤い成分やスクラブなど入った商品もあるが、基本の“汚れを洗い落とす”という機能だけで良いのだ。いくら贅沢な潤い成分が配合されていようが洗い流してしまうのだから肌にしっかり浸透するわけがないのだ。そもそも角層にはバリア機能が備わっており、化粧水でも浸透することなく蒸発してしまうものだというのだから、洗顔中にその成分が浸透してきたら逆に怖い。化粧水もその成分の大半は水でできているので、本来は不要なくらいらしい。大事なのはその後に保湿力の高いセラミドをしっかり補ってやるということだ。角層の8割を占めるセラミドは、食事などから体内でつくることは困難なので、セラミド配合化粧品を使うことで確実に肌の水分量を増やすことができるらしい。実際、セラミド配合の美容液を使用し始めて1週間ほどだが、肌の調子が良い。シンプルだが、きちんと洗う→きちんと保湿、これに尽きると実感した。しかしこの情報、20代の頃に知りたかったぜ・・・(TーT
そういえば知人が酵素のサプリやらドリンクやらを試して調子いいらしい。お肌にもダイエットにも。羨ましいけど、その人は他にもいろいろしてるからかもしれませんしね。

ちょっとピーリングのことに戻るけど、お肌の基本的なこととして、どうしても年齢とともにターンオーバーが乱れるのはどうしようもないことなんでしょうね。なので、ピーリングジェルなりを使ってちょっとでも対策をするというのはいい事と思うのです。

目元のケアにルテインサプリも補充

カラコン15mmもいいんだけど、クマができてたりしたらどうしようもないくらい辛い。だから、目元といっても疲れ目とかのほうのことも考えないといけません。
だから、ルテインサプリメントで補充するのもいいのではないかなと。黄斑変性症とか白内障とか症状としては話しは聞くけど、まだ自分がそうなるイメージはありません。視力は悪いので、やっぱり怖い部分もあるんだけどね。